nasa114.log

Masaki Osugiの日々をつらつらと記述するWeblog.いわゆるブログです.

ぱくたそがなければブログを書いていないかもしれない


ぱくたそ Advent Calendar 20日目の記事です。
タイトルからして「明らかに釣りだろ」と思われそうですが、多分ぱくたそがなかったらブログをあまり書いていなかったかもしれません。Movable Typeとか技術的な話はあっちの方向へ投げ出して、記したいとおもいます。

ぱくたそとの出会い

ぱくたそはかなり前から知っていたような気がします。サービス開始時から……というわけではないですが、企画・コラボレーション | ぱくたそ - フリー写真素材・無料ダウンロードを見ていると、ほぼほぼ知っている企画しかありませんでした。私が知った当時は人物素材は足成さんとモデルピースぐらいしかなかったのに対して、新たな世界を作り出そうとしていたような気がします。(黒歴史〜というか、ちょっとアレな内容になるので一部割愛)

大川さんをはじめとするフリーモデルの方々が出てこられてから、企画が時代に沿ったものやかな〜り斜め上を行く内容が始まったなぁと思いました。


会計サービスfreeeとのコラボ素材。マイナンバーをかなり意識しすぎてる。


沈黙のウェブマーケティングの実写化の素材


あまり使うシチュエーションが考えにくいですが、それでも考え抜いて使うのが私達利用者だと思います。上記の画像は使う場面が難しい画像でしたが、右の画像であれば「いつも喧嘩してばかりの兄弟が、たった3秒で喧嘩しなくなった方法」みたいなタイトルで使えるかも知れません。

また、ぱくたそは画像を全てすしぱくさんがチェックし、補正などを行っています。いわゆる、撮って出しの画像ではないです。画像が予め編集されていることによって、(必要であれば)圧縮やサイズ変更などを行った上でアップロードすれば良いと思います。最も、最近はMovable Typeやa-blog cmsの編集機能が進化している上に、ぱくたそもブログサイズを提供しているため、Macのプレビューアプリケーションを使った縮小をしなくなりました。


ブログ記事以外でも使われている

ブログ記事以外でも多くのところで「ぱくたその写真が使われている」と思うところが多くありますし、私も使っています。

実際に見たところは以下のとおりです。

  • LTやプレゼンテーションでの資料内
  • 某家電量販店のポップ
  • インターネット上の広告

おおまかに記憶が正しいのを抜き出すと上記3つでした。

ぱくたそは画像を補正済みという点以外にも、ダウンロードできる画像の解像度が大きい点や、枚数が多いという点が大きいと思います。

また、「掲載枚数が多い=シチュエーションが多い」ということにつながるので、ぱくたそである程度調べると思うような画像が出てきたりするので信頼して利用しています。

利用者の立場に立っているからこそ使いやすいのかもしれない

ぱくたその素材が(個人的に)多く利用され、PV数も多くあるのは『利用者の立場に立って設計されているから』だと思います。如何わしい会員登録、有料サービス、課金……。どれもこれも面倒になってきます。

サービスを提供する上で利用規約を違反している人に対する対処など色々と継続をするためには難しい点があるとはおもいますが、頑張ってください。


プロフィール

  • Twitter

Masa

Webデザインとかサーバーサイドなど、Webに係る技術に取り組むしがない学生。Webデザインからはじまり、気がついたらサーバーサイドに興味を持っていました。メインで使っているのはMac。 記載されている内容はあくまでも一個人としての意見です。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ