いわゆる『無制限Wi-Fi』を実測値で比較

SIMカードを毎月入手しているような気がする@nasa114です。今年に入って、かなり多くなったように思います。

  • 3月 WiMAX
  • 6月 docomo Galaxy S8+契約
  • 7月 モバイルWi-Fi(LTE網)契約

という感じで2018年にはいって2ヶ月に1個、というペースでしょうか。

実際のところ、WiMAXもモバイルWi-FiもLTE網なのですが、そのあたりの実測値についてレビューしたいと思います。

実際にスピードテストを行ってみた

論するより結果のほうが早いと思いますので。

計測環境は電波環境良好な場所(自宅)でiPhoneアプリ『Speedtest.net』の『OPEN Project(via 20G SINET)』サーバで計測しました。また、計測場所はそこまで人混みが激しい場所ではありません。

スピードテスト結果

上の結果から順番に記述します。

  • 自宅固定回線(So-net光 v6プラス環境 / BUFFALO WXR-1750DHP2)
  • LTE網無制限Wi-Fi(バウエモSB無制限 / 富士ソフト FS030)
  • ヨドバシカメラで購入したWiMAX(ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX2+ / Huawei W05)
  • 親が契約しているWiMAX(au / Huawei W01)

この画像見て、「うわっ、無制限Wi-Fi使い物にならね」と思われた方もおられるかと思いますが、単位は「MB/s」です。一般的なスピードテストのMbpsに換算すると、以下の通り。

回線名 下り速度 上り速度
So-net光 89.6Mbps 94.4Mbps
バウエモSB無制限 5.04Mbps 2.64Mbps
ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX2+ 24.08Mbps 5.92Mbps
au WiMAX2+ 25.12Mbps 2.88Mbps

この表をみてわかることは、次の3つです。

  • 固定回線は圧倒的に早い。速度面・データ転送量に関しては固定回線にはかなわない。
  • Softbank回線を用いているMVNOではあるが、速度面では申し分ない速度。動画見なければ耐えれるレベル。
  • ルータ性能で下りは誤差の範囲内であるが、上りの開きが激しい。ブログ記事やgitで上りの通信を頻繁に使う人は2年に一度のペースでルータを買い替えたほうが良いかもしれない

まとめ

まだまだモバイル回線だけだとデータ転送量の限度もあるため、限界があります。

その一方で、無制限Wi-Fiで通信費を安く見直そうかな、と思っている人、外出先でパソコンやタブレットを使おうかな、と考えている人には、実際に使う場所が電波が届くかどうか、契約するときにはエリアかどうか確認する必要がありそうです。